よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、また専用のパーツを用いて義歯を装着するという手術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、普通に食べ物を噛むことができますし、見た目も美しく作られています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士のが成功の秘訣です。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがと勘違いしてはいけません。

義歯・人工歯根共に異変があったら、すぐに受診しなくてはなりません。

食べかすを残しておくと歯茎に炎症を起こしてしまうし当然自身の歯同様に、歯周病の危険性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、安全なセルフケアを行ってください。

歯科治療のインプラントとブリッジ、果たしてどのように適応させるのかというと、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その歯根に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

見た目の問題を重視してを考えると多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

大きな喜びを得られるはずのインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような結果になってしまうというのも、デメリットの一つです。

ごくまれなことですが、患者の死亡例も発生しています。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯根はもちろん歯が無くなってしまったところには、利用することはできません。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、あごの骨に穴をあけて、金属製の人工の歯根をその穴に埋め込み、歯を丸ごと抜いてしまったところの歯であっても、問題がなければ一生物などと言われますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。