その方が効率が良く、リーズナブルだったということが多いです。

外壁塗装は、事前に出来るだけ多くの塗装業者に見積り依頼をし、概ねの相場を知っておくなど、計画性が大事です。

失敗する場合の最も多いパターンは、1社だけの塗装業者の見積りで、相場を知らない状態で外壁工事に着手してしまうことです。

一般的な相場を知らないままで、意外と損をしてしまっているケースは多いです。

外壁塗装を施工することに、デメリットは存在しません。

少し強引に挙げるならば、外壁塗装自体は永久ではなく、数年~10数年の間隔で定期的な塗り替えが必要になることがデメリットと呼べるかもしれません。

そうはいっても大切な外壁を守るには、塗装が最も現実的には有効な方法であるため、建物の維持管理としては、必要なことであるといえるでしょう。

外壁塗装の下準備の段階で、クラックや塗装剥がれ等を程度に合わせて、下地塗装よりも前に補修します。

劣化の程度があまりにも激しくなってから、外壁塗装をする場合は、外壁の中にある「壁本体」に劣化が及んでいるケースもあり、部分的に壁を剥がして補修するようなこともあります。

外壁自体よりもその内側が腐食してしまう前に、やや早いと思う時期に塗り替えを検討しておくべきと言えるでしょう。

アクリル~ウレタン~シリコン~フッ素の順に耐久性が増します。

フッ素塗料は耐久性に優れていて、雨、風、日光の影響を最も受ける、屋根に使われることが多いです。

外壁塗装に最も人気のある塗料は、お値段と耐久性のバランスが良いコストパフォーマンスが人気のシリコン系の塗料が多く使用されています。

外壁は素材の違いにより、湿度に弱いものもあります。

塗装の時期を誤ったことで起きる、外壁や壁そのものへの腐食です。

使われている塗料の性能を超えて、外壁塗装を施工しなかったために、外壁のみならず、内側の壁自体まで腐ってしまう現象です。

この状態にしてしまうと、壁の塗替え以前に、内部の壁自体の修繕が必要になることも多々あります。

塗料を塗ることによって防水性を上げ、家の壁を保護して、日本では取引をする目的の約95%は投資(投機)である。

結露を防止するには、水分は遮断して湿気だけ通すという透湿性が重要です。

断熱効果というのは、要するに単なるモノなのである。

遮熱効果のある材料と併用すると相乗効果があります。

そうなると修繕に掛かる金額が大きくなるため、外壁自体に異常が観られるような場合は特に出来るだけ早く専門業者に見てもらったり、見積りも依頼しておいたほうが賢明です。

外壁の塗装は通常、塗料によって塗膜の寿命に差があり、耐久年数も大きく違います。

そのような事情から10年に1度程度は施工業者に状態を確認してもらうということも大切です。

そういう定期的な点検をしておくことで、大切な家の寿命を最大限に延ばすことが出来るのです!使用している塗料の寿命より前に、外壁の保護と同時に内部にダメージを与えないようにし、建物を長寿にし、経済的にも損失が減ります。

外壁のクラック、塗装の剥がれ、触ると手に白い粉が付く(チョーキング)という現象が起きていたり…このような劣化した状態が続いていると、外壁を伝って水分が壁本体に浸透して雨漏りしてきたり、また外壁や外壁内部の鉄筋に腐食が起きたりします。